junmainamagenshu_03.gif junmainamagenshu_04.gif
  • 明石酒類醸造(株)オンラインショップOPENしました!明石酒類醸造(株)オンラインショップはこちら。
  • 社長のブログ「メタボだけどチャレンジャー」
  • タイがつぶやいています・・・。フォローよろしくタイ!!!タイがつぶやいています・・・。フォローよろしくタイ!!!
  • 明石酒類醸造の公式Facebookサイト明石酒類醸造の公式Facebookサイト

トピックス

ホーム > トピックス > 単式焼酎と連続式焼酎
2010年06月14日

ブログ

単式焼酎と連続式焼酎

創業時から、連続式焼酎が主力商品だった。
純粋なエチルアルコール。
 
良くお客様から「連続式と単式焼酎があるけれど、どこが違うの?」と、聞かれます。
 
その時は、「連続式は、減点法の焼酎。一方、単式は加点法です。」
 
まず、連続式ですが、限りなくピュアなエチルアルコールを造るんです。
 
不純物は、0.0・・%くらいしか入ってないエチルアルコール。
不純物がないので、混ぜるものの特徴がストレートに出ます。家で梅酒をお漬けになる方には、連続式焼酎の35度をお薦めします。あとは、チューハイ。お薦めです。
 
片や、単式焼酎。こちらは、不純物を旨みと判断します。不純物と言っても、エチルアルコールではないと言うことで別に悪いものを指してはいません。豊かな香りを楽しむことが出来るのが単式焼酎です。
飲みやすさの麦。ただ、この頃は、芋が本当に飲みやすくなりました。昔は、臭かったのに、今はあんな昔の香りの芋焼酎が残っているのだろうか。本当に芋は美味しくなりました。個性的な米焼酎。そして、うちが得意とする野菜焼酎。
 
うちの輸出で一押しは、米焼酎。
理由は、全てが国産です。
 
 
焼酎で今夜は乾杯