junmainamagenshu_03.gif junmainamagenshu_04.gif
  • 明石酒類醸造(株)オンラインショップOPENしました!明石酒類醸造(株)オンラインショップはこちら。
  • 社長のブログ「メタボだけどチャレンジャー」
  • タイがつぶやいています・・・。フォローよろしくタイ!!!タイがつぶやいています・・・。フォローよろしくタイ!!!
  • 明石酒類醸造の公式Facebookサイト明石酒類醸造の公式Facebookサイト

トピックス

2010年07月08日

ブログ

高校生の時から「アルゼンチンで牧場を経営する」と言うのが夢です。
今も諦めていません。
お酒造りの夢もありますが、アルゼンチンへの夢は本当の夢です。
 
どうして、アルゼンチンか?
多分、地理の地図にアルゼンチンの牧場の図があったからだと思います。
 
この夢に向って、大学は畜産を専攻しようと思い、農学科に入学し、最後は畜産学の研究室を卒業しました。
この時、父親は、農芸化学なら進学していいと言っていましたが、化学の実験が嫌いな私には選択肢には入りません。
そして、願書を勝手に農学科に変更して出して、父親が知ったときには後の祭りでした。
 
そして、大学卒業を控え、考えたのが海外へ留学して働くことでした。
これも、父親にことごとく潰され、出された条件が「日本の会社で海外駐在」でした。
 
うちの研究室は、ほとんどが公務員でしたから、就職活動など、ほとんどしません。
 
ある日、父親の友人が、総合商社へ連れて行ってくれました。
困ったことに、そこに部長と次長が出てきました。
その当時の私の頭には、サザエさんの会社、つまり部長・課長・係長・ヒラという構図で次長はいないんです。
次長、あなたは部長よりえらいのえらくないのどっちなの?最後は、次長さんが相手をしてくれましたが、本当にこの会社とは、自分が仕事をしても取引を絶対にしないと思える対応を取って頂きました。商売は、何十年と積み重ねで、と今も心に思う出来事の一つです。
 
そして、海外に行かせてやると言われて喜んで入社したものの、全然海外に行けない。
数年後、本社で採用してくれた人事課長がいらっしゃったので「どうして海外に行かせてくれないんですか?」と聞くと
お寿司屋でも食べに行こうと言われ寿司屋で聞いた言葉は
「お前は、言葉を知らないなぁ。」
「はぁ?」
「適材適所適材適所」
 
最後に
「どうして、最近の採用は、こう元気のある面白いのが入らないんですか?」
「同期入社は、何人いた?」
「120名です。」
「そうだろ。それくらいの人数がいないと、お前みたいな奴冒険して採れないんだ。」
 
もう退社して家に帰って18年。
 
今も買ってます。
ミルクチョコレート
 
お酒に合います。
特にビターチョコレートとの相性が最高です。