2015yukinko_01.gif 2015yukinko_02.gif
  • 明石酒類醸造(株)オンラインショップOPENしました!明石酒類醸造(株)オンラインショップはこちら。
  • 社長のブログ「メタボだけどチャレンジャー」
  • タイがつぶやいています・・・。フォローよろしくタイ!!!タイがつぶやいています・・・。フォローよろしくタイ!!!
  • 明石酒類醸造の公式Facebookサイト明石酒類醸造の公式Facebookサイト

トピックス

ホーム > トピックス > 食の安心・安全
2011年07月20日

ブログ

食の安心・安全

海外で、なぜ日本食がブームとなり定着していっているのか。
 
日本人は長寿で、しかも食べてみると美味しくヘルシーだからだと思います。
 
根底には、安心・安全・健康。
 
これが、原発で全て無くなった感じです。
 
牛を飼育されている方々の心中を思うと言葉もありません。
 
私も、福島県には、友人の蔵元がたくさんあります。
 
また、大学の友人は、南相馬のJAで働いています。
 
みんな、そんな中、元気に頑張ってます。
 
農業は、一日では為らず。
 
コツコツと積み重ねが大事です。家の庭でさえ、すぐ雑草が生えてくるんですから。
 
牛に愛情を注いで育てる。有機栽培の野菜を育てる。その苦労が、前触れなく一瞬で無になる現実。
 
その方々のご苦労や思いを思うと。
 
ただ、ここはやはりリセットが必要ではないでしょうか。
 
まず、福島原発から半径200km離れたところから放射性物質の検査を始めて、安全が確認されたら、検査対象から外していく。
 
もし、200kmで見つかったら半径300kmに拡げる。
 
その間、牛は、全て農家の出荷スケジュールに合わせて特定の処理場に出荷し、国が全量を買い取る。
 
買い取り検査後、安全性が確認されれば、市場に放出する。
 
お役所は、前例の踏襲の呪縛がり、仕事が増えることも良しとしない風潮があります。
 
それを、良しとせず、導くのが政治の力だと思います。
 
頑張れ、政治家。自分の選挙より国を憂える政治家が欲しい。
 
最後に、参考ですが、厚生労働省が発表する食品中の放射性物質の検査結果は、こちらから食品中の放射性物質の検査結果