junmainamagenshu_03.gif junmainamagenshu_04.gif
  • 明石酒類醸造(株)オンラインショップOPENしました!明石酒類醸造(株)オンラインショップはこちら。
  • 社長のブログ「メタボだけどチャレンジャー」
  • タイがつぶやいています・・・。フォローよろしくタイ!!!タイがつぶやいています・・・。フォローよろしくタイ!!!
  • 明石酒類醸造の公式Facebookサイト明石酒類醸造の公式Facebookサイト

トピックス

ホーム > トピックス > 醗酵食品
2012年05月31日

ブログ

醗酵食品

醗酵食品が、近年流行りです。


今までもブログでご報告しましたが流行りです。

例えば弊社でも、あまざけは、年間を通して売れています。

と、言うよりは夏の方が売れています。

img_20120531_01.jpg

ただ、名前が「あまざけ」なので、アルコール分があるとお考えになる方が多いです。

いつも、お店でご説明するのは、

米と米こうじで「あまざけ」が出来ます。

この時には、アルコールはゼロです。

ここに、酵母を入れるとアルコールが産出されて「どぶろく」や「お酒」になります。

ただし、アルコール分がゼロなので開封後は冷蔵庫に入れて早めに飲んでいただかないと酸っぱくなります。

理由は、雑菌が繁殖するからです。

あまざけを、美味しく飲んで頂くには、

開封後は、冷蔵庫で保管して早めに飲むことがポイントです。


次に、塩こうじ。

書店に行っても、たくさんの塩こうじのレシピ本にお目にかかります。

保存のことを考えると塩分濃度を下げることが良いとは思えませんが、単品だと塩辛い。

いつも、製品のチェックで味見をするときには、血圧を考えてしまいます。

ただ、塩こうじを使ってお肉に絡ませたりすると、そのお肉が美味しくなるのも事実です。

今は、酒笑本館でも塩こうじを販売しています。

img_20120529_01.jpg

そして、自分で塩こうじを作りたいからと生こうじを求められる方も多いです。

ただ、生こうじは管理が難しいので、

現在は生こうじを欲しいと言われる方がある一定の人数に達したときに作らせて頂いてます。

でも、自分で作ることは楽しい。

その気持ちが理解出来るので、出来るだけご提供したいと考えています。


そう言えば、

今朝のTV番組でサザエさんのお父さんの波平の髪の毛が取られた話をやってました。

そこで、波平の経歴が出ていましたが、波平の年齢が54歳と知って少しショックを受けました。

自分の年齢が波平に近いなんて考えたこともありませんでした。

まぁワカメちゃんが小学生で、私の娘も小学生なら分からないでもないですが。

間もなく、父の日。

ぜひ、父の日の贈り物におやじ焼酎をいかがですか。

おやじ焼酎はこちらから


(Yonezawa)