junmainamagenshu_03.gif junmainamagenshu_04.gif
  • 明石酒類醸造(株)オンラインショップOPENしました!明石酒類醸造(株)オンラインショップはこちら。
  • 社長のブログ「メタボだけどチャレンジャー」
  • タイがつぶやいています・・・。フォローよろしくタイ!!!タイがつぶやいています・・・。フォローよろしくタイ!!!
  • 明石酒類醸造の公式Facebookサイト明石酒類醸造の公式Facebookサイト

トピックス

ホーム > トピックス > 2012ひやおろし発売!
2012年09月07日

ブログ

2012ひやおろし発売!

播州弁で通り雨のことを「そばえ」といいます。

雷なんかを伴って1時間前後でザーッと降る雨が来そうな時は「ちょっとそばえるみたいやな・・・。」

なんて言います。

ひょっとしたら播州でも姫路など西播磨の言葉かもしれません。

今日も天気予報では「そばえ」が来るかな?と思ってましたが、いい具合に外れてくれました。

いい天気!

 

こういった方言や特殊な言い方って、風土を感じていいですよね~。

 

ところで日本酒の世界でも独特の言い方があります。

「おりがらみ」とか「うすにごり」とか「ひやおろし」などなど・・・。

さてさてその「ひやおろし」の解禁日が目前に迫りました。

 

冬に仕込んだお酒がひと夏越して、熟成して味わい深くなったものを生詰めしたお酒を「ひやおろし」といいます。

お酒は通常、タンクに保存する際と出荷の際に2度火入れという作業をします。

これはお酒が常温で置いていても病気にならないように保存をする為です。

「ひやおろし」は2回目の火入れを行わない、つまり冷やのまま出荷するお酒なので、こういうふうに呼ばれます。

日本酒業界の取り決めで9月9日の重陽の節句(なにやら中国のおめでたい日なそうな・・・)から毎年「ひやおろし」の

出荷がOKということなのです。

 

そこで明石鯛では、9月9日から酒笑本館(直売所)の量り売り販売限定で、2012「ひやおろし」を発売します。

瓶詰め出荷は致しません。

飲んでみたい!と希望されるお客様は是非、酒笑本館にご来店ください。

よろしくお願いいたします。

 

販売価格は100mlで税込200円。

180ml、300m、720mのサイズで中身を購入していただけます。

さっきちょっと試飲をしたんですが・・・

美味しい!!(HAPPY~!)

すごく口当たりがふんわりしていて、酸味も上品で、凄く飲みやすかったです。

2杯目、3杯目って飲みたくなるお酒だと、おすすめできます。

生詰めの生き生きとした感じが、たっぷり感じられましたよ~。

 

いつもの<旬のおすすめ 40Lどデカ ステンレスタンクにて発売です。

販売は9月9日(日曜日)開始です!

お楽しみに~!!

 

さてさて、そんなわけで、「ずつない」(⇒食べすぎや笑いすぎでお腹が苦しいこと。)、「べっちょない」(⇒

べつにどうもない、大丈夫!)、「なんどいや」(⇒なんや!?、何っ!?)・・・など、非常に上品な方言の

蔓延している西播磨にそろそろ帰ることにいたします。(笑)

    (西播磨のなかでも、浜手のもっとも言葉が汚い・きついと言われるとこに帰ります ナガちゃん!)