junmainamagenshu_03.gif junmainamagenshu_04.gif
  • 明石酒類醸造(株)オンラインショップOPENしました!明石酒類醸造(株)オンラインショップはこちら。
  • 社長のブログ「メタボだけどチャレンジャー」
  • タイがつぶやいています・・・。フォローよろしくタイ!!!タイがつぶやいています・・・。フォローよろしくタイ!!!
  • 明石酒類醸造の公式Facebookサイト明石酒類醸造の公式Facebookサイト

トピックス

ホーム > トピックス > 池波正太郎 江戸料理帳
2015年07月05日

ブログ

池波正太郎 江戸料理帳

昨日は、会合がポートピアホテルでありました。
 
食事会は、つきぢ田村で。
 
この日は、東京のつきぢ田村の田村社長が神戸に来られての特別企画。
 
池波正太郎の江戸料理帳で紹介された料理が出る趣向でした。
 
20年近く前に池波正太郎の本にハマった記憶があり楽しく美味しく頂きました。
 
img_20150705_01.jpeg
 
先付は、剣客商売と藤枝梅安・鬼平犯科帳から
 
img_20150705_02.jpeg
 
椀物は、剣客商売から甘鯛のしんじょ。
 
img_20150705_03.jpeg
 
お造りは、藤枝梅安からで大トロの炙りでお酒と美味しく頂きました。
 
img_20150705_04.jpeg
 
焼き物は堀部安兵衛より牛肉の味噌漬けでした。これが、特に美味しかった。
 
さすが神戸牛でしたが、お味噌がとても牛肉に合って美味しかったです。
 
img_20150705_05.jpeg
 
あわびの蒸しきりでした。肝は、まさしくお酒のあてでした。
 
img_20150705_06.jpeg
 
鬼平犯科帳から餡掛け豆腐
 
img_20150705_07.jpeg
 
藤枝梅安から真鯛の刺身と塩焼きとご飯でした。
 
梅安と同じ食べ方をすれば良かったと思いながら鯛茶漬けにして頂きました。
 
img_20150705_08.jpeg
 
 
img_20150705_09.jpeg
 
果物は、やはり昔には無かったようで、これはサービスかな。
 
甘味は、鬼平犯科帳から白玉餅でした。
 
全てのお料理が、日本酒に合うと思い、また鬼の平蔵や梅安先生・秋山小兵衞と同じものを食べているというのは楽しいものでした。
 
(Yonezawa)